【第4回デジタルヘルス学会学術大会開催決定】

 新型コロナウイルスにより各学会開催がオンラインで行われる流れに則り、デジタルヘルス学会もオンラインで開催することが決定しました。開催期間は12月1日から20日で開催する予定です。

【日時】2020/12/1~2020/12/20 各日程20:00~21:30

【会場】オンライン(ZOOMを予定)

【テーマ】「ニューノーマルの医療をハックせよ」

【概要】

 新型コロナウイルスを期に、我々人類は「ニューノーマル」という言葉を作り、パラダイムシフトを起こそうとしています。もしこの時代にコンピュータがなければニューノーマルは生まれませんでした。

 コンピュータがニューノーマルの医療を作るには、我々はどう考え、行動していけば良いのか?その先に見える未来とは?

【参加費用】無料

【主催】デジタルハリウッド大学院デジタルヘルス研究室(大会長:木野瀬友人)

【後援・協賛のお願い】

 オンライン開催につきまして、後援・協賛の方法を変更させていただきました。会場展示がない代わりに会期前からオンラインにて掲載させていただきます。よろしくお願いいたします。

①ウェブサイト展示(広報開始から学会終了まで)

費用:5万円

掲載内容:

・商品紹介PDF掲載
・オンラインデモ動画
・個別デモ申し込みフォーム
・質問先電話番号

②分科会協賛

費用:5万円

・分科会に協賛を設定
・背景にロゴを掲載
・約10分のプレゼン時間あり

③名称掲載のみ

費用:1万円

・ウェブサイト

※掲載に関して
・会場展示はありません
・原則として、政府機関、地方公共団体は後援となります
・協賛・後援団体にはデジタルヘルスパスポートが付与されます(5名分まで)

公式ホームページ:

facebookのイベントページ:
https://fb.me/e/38docZIdi

【デジタルヘルスラボ第5期募集要項】

【デジタルヘルスラボ第5期募集要項】
デジタルヘルスラボでは第5期ラボメンバーを募集しています。
ラボ名:デジタルヘルスラボ
開催期間:通年
教員:五十嵐健祐
デジタルヘルスラボとは?:デジタルテクノロジーとクリエイティブを活用して、ヘルスケア領域で解決したい課題に取り組む人が集まる場です。現場の課題感を熟知し、テクノロジー、クリエイティブ、ビジネス、ヘルスケアを武器に、ヘルスケア領域で何らかのプロダクトを実装します。
第5期ラボ紹介資料→https://www.dropbox.com/s/u29pssruc64t61x/%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%98%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%9C%E7%AC%AC5%E6%9C%9F%E7%B4%B9%E4%BB%8B.pdf?dl=0
ラボ開催スケジュール:上記資料をご覧ください。
求める人材像:ヘルスケア領域で解決したい課題が明確を持っており、実装に向けた意欲があること
応募資格:年齢性別学歴資格国籍不問
応募方法:facebook messageにて教員の五十嵐(https://www.facebook.com/igakeso)へコンタクト、「 ヘルスケア領域で解決したい課題 」は何か?具体的に伝わるように、1字以上10000字以内でまとめたものを送ってください。
応募の流れ:追加で質問等があればいくつか返します。4月末から5月で面接(オンライン面接を予定)を行います。
プレラボのご案内:2020/4/23(木)にプレラボを開催(オンライン開催)します。具体的にどのような雰囲気のラボなのか知りたい人のために良い機会です。プレラボ終了後は懇親会(オンライン開催の予定)を行います。詳しくはこちらのfacebookイベントページをご覧ください。
https://www.facebook.com/events/2617687221809597/


【分科会C-4 ソーシャル】

分科会C-4 ソーシャルは分科会のテーマ「医療者は社会を変えることはできるのか?」として以下の3つの演題を中心に会を進めさせて頂きます。

演題①:世界から遅れる日本の女性支援テクノロジー ~アフターピル編~
演者:淀川キリスト教病院 産婦人科専門医 柴田 綾子

演題②:子宮頸がん撲滅は可能か〜日本の現状と課題〜
演者:産婦人科専門医 三輪 綾子

演題③:医療現場のギャップ 医者も患者も幸せな医療にするには
演者:産婦人科専門医 的場 優介

プロフィール紹介

柴田 綾子

2011年群馬大学を卒業後に沖縄で初期研修。世界遺産15カ国ほど旅行した経験から女性や母親を支援する職業になりたいと産婦人科医を専攻する。

著者:女性の救急外来 ただいま診断中!(中外医学社,2017)、総合医療雑誌J-COSMO編集委員。性や妊娠に関するラッコLINEボット(https://happymint.wixsite.com/raccobot)運営中!

三輪 綾子

札幌医科大学卒業。現在、順天堂大学非常勤助手、はぐくみ母子クリニック勤務。診療を通じて医療リテラシーの向上や予防医療対策の必要性を感じ、予防医療普及協会の顧問として活動を開始。東京都産婦人科医会広報、検診マンモグラフィ読影認定医、CMICアドバイザー等。

的場 優介

2011年医師免許取得。千葉県鴨川市の亀田総合病院で初期臨床研修。幅広い治療法、診療ジャンルを持つ産婦人科に惹かれ、産婦人科を専攻。その後、大学医局に所属し産婦人科専門医を取得。勤務医として働く中で、医師の頑張りを前提とした医療に疑問を感じ、医師の働きかた改革に興味を持つ。現在、2歳の男の子の父として子育て奮闘中。  

【分科会C-2 歯科3.0 】

分科会C-2 歯科3.0では、以下の3演題を中心に会を進めていきます。

テーマ①:『歯科医療を通じて、日本の医療課題を解決する』

口臭から歯周病をセンシングするIoT歯ブラシのご紹介

テーマ②:『デンタメと行動変容』

デンタルとエンターテイメントを掛け合わせ、患者の行動変容を促す「デンタメ」をご紹介。

テーマ③:『オーダーメイド完全被覆型超音波歯ブラシの開発とその進捗状況』

口腔内スキャナーを用いたオーダーメイド型の電動歯ブラシのご紹介。

プロフィール

竹山 旭

 日本抗加齢医学会専門医。唾液腺再生を専門とし、研究成果は第59回日本口腔外科学会総会でのゴールドリボン賞、BioLegend 若手研究者賞など多数受賞。現在は竹山歯科口腔医院院長と(株)NOVENINEのCEOを務める。

木村 文彦 

医療法人社団Zion 理事長。東京医科歯科大学卒業後、歯科医師を一度やめてジャマイカに移住。帰国後ボブマーリーの歌からOne Love Dental Cllinic開業。「ハミガキ団」東京支部 歯科×エンタメ=デンタメを模索する。横須賀×F・マリノスプロジェクト代表。

玉木 仁

日本橋インプラント研究所所長、東京都中央区開業。インプラント専門の臨床形態で「予防とインプラントは車の両輪」をモットーに日々診療を行なっている。

【分科会C-3 薬局】

C-2薬局では、「薬局」をテーマにデジタルヘルスの取り組みを以下の3演題を中心に知見を共有します。

演題:法人に対する零売対応の実際(片山陸先生)

最初の演者は片山陸先生です。薬局お茶の水ファーマシーの薬局長で、処方箋以外の医療用医薬品の薬剤師の対面販売(零売)と法人社員に対する零売相談をされています。 今回、法人社員に対する零売相談の実際について、ご紹介をしていただきます。 

演題:特許申請中携帯型医療用医薬品救急箱「ラクスリード」(吉田聡先生)

 次の演者は吉田聡先生です。茨城県の「薬局なくすりーな」で薬局長で、薬の引き算をする薬剤師として講演活動やセミナーもされています。 今回、処方箋以外の医療用医薬品の薬剤師の対面販売(零売)のサブスクリプションモデル「ラクスリード」のご紹介をしていただきます。

演題:緊急避妊薬のBPC化オンライン署名活動について(高橋秀和先生)

 高橋秀和(薬剤師)先生は、あおば調剤薬局で勤務される傍ら、医療・薬事に関する情報、薬局や薬剤師の利用の仕方について積極的に情報発信をされています。 今回、緊急避妊薬のBPC化(処方箋以外の医療用医薬品化)のオンライン署名活動をご紹介をしていただきます。 日本で立ち遅れている緊急避妊薬(アフターピル)のアクセス拡大について、諸外国と日本では何が違うのか、日本の医療・薬剤師はどのような価値を国民に提示すべきかについて論点を提示します。

演者紹介

片山陸

2019年2月から薬局を継承し、地域で働く方を保険調剤と零売対応を組み合わせてサポートする薬局を運営中。一次対応は薬局、専門治療は近隣医療機関という連携体制を取っている。2019年5月より法人社員とSNSによるお薬相談サービスを実施している。

吉田聡

 2012年より茨城の薬局を継承。不必要な薬や受診を薬局の介入で改善出来ないか模索しながら営業。その中で、今後の医療を最適化するには薬局における零売や、薬剤師による0次医療対応が重要と考え、薬剤師や薬局の潜在能力を活かせる零売のサブスクリプションである「ラクスリード」を運営中。

高橋秀和

高橋秀和(薬剤師)先生は、あおば調剤薬局で勤務される傍ら、医療・薬事に関する情報、薬局や薬剤師の利用の仕方について積極的に情報発信を行う。

【基調講演2】あなたの脳をあやつるブレインテック「GoodBrain」の紹介

 藤井直敬
株式会社ハコスコ、デジタルハリウッド大学大学院教授 

キーワード: 行動変容,  ブレインテック、無意識と意識

 現実は誰もが持っているが、あなたの現実は誰かの現実とは異なっている。そのような70億の異なる現実が複合的に重なり合っているのがこの世界だ。この世界を自在生きるには、異なる現実を直接つなぐテクノロジーが必要だ。これまでは、そのようなテクノロジーはスピリチュアルな胡散臭い技術であることが多かったが、これからはそれはブレインテックという新しいテクノロジーが私達を助けてくれる。
 だれもが自分の脳を自由に操って、本来の自分になる。ハコスコ社が提供するGoodBrainはブレインテックを用いてなりたい自分になるためのサービスだ。脳科学の知見をベースにヒトの五感を通じて様々な情報を与え、脳に働きかけることで意識を変容し目的を達成する。GoodBrainでは、独自のサービス提供だけではなく、脳をターゲットにした商品の企画、開発、実証実験などを行う。

藤井直敬

医学博士/ハコスコ 代表取締役
XRコンソーシアム代表理事
デジタルハリウッド大学院 教授
1998年よりMIT研究員。2004年より理化学研究所脳科学総合研究センター所属。2014年株式会社ハコスコ創業。
主要研究テーマは、現実科学、適応知性および社会的脳機能解明。

【分科会A-4:維持期の取組み】

行動変容をテーマに行うroom Aの最終第4セッションは維持期の取組みについてです。維持期は永久的に行動を続けてくれるという前提なので、教科書的には「支援の終了」ということになりますが、医療の世界では何年間も行動を続けてもらう必要性があることが多いですよね。
そこで、維持継続に必要そうなことを複数の視点から検討していきます。最初は「みんチャレ」というアプリを開発したエーテンラボの長坂さんから「互助の力を利用した維持継続」をテーマに、大会長の石井とセッション予定です。
後半は、アニメやアーティストのプロデューサーでヤオオロズ代表の福原さんをお招きし、「長く愛され続けるコンテンツ制作」について、大会長と30分間のフリーディスカッションを予定しています。消費されてしまうコンテンツと、熟成されるコンテンツがあると思いますが、その両者に言及してもらう予定です。

演題: ピアサポートによる 糖尿病治療効果向上

A10 Lab Inc.代表
長坂剛

1982年静岡県生まれ。2006年東京工科大学メディア学部卒業後、ソニーに入社。B2Bの営業やプレイステーションネットワークのサービス立ち上げに従事。ソニーの新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program」から独立しA10 Lab Inc.を創業。

演題: 熱狂を生むコンテンツ長く愛されるコンテンツ

ヤオヨロズ代表
福原 慶匡

アニメスタジオ「ヤオヨロズ」を立ち上げ、アニメ「けものフレンズ」「ケムリクサ」をプロデュースした。その他慶応大学博士課程でアニメビジネスの研究をしている 。

【分科会A-1 行動変容無関心期への取組み】

このページは、分科会A-1 行動変容における無関心期の登壇者情報です。

メディカルジャーナリズム勉強会代表の市川衛さん、外科医として数々のベストセラーを輩出した作家の中山祐次郞さんをお迎えし、無関心期のへ発信を行ってきたこれまでの知見や、苦渋した点、やめた方がいい点など、To doだけでなくNot to doにも言及して頂く予定です。
座長は大腸癌の早期発見を目指すアプリ「うんコレ」をはじめメディアアートを通じて医療啓発活動をする木野瀬友人が務めます。

演題と登壇者プロフィール紹介

演題
「刺さる」と「傷つける」の狭間で ~「人生会議ポスター」から学ぶことは~

メディカルジャーナリズム勉強会代表
市川衛

医療の「翻訳家」/メディカルジャーナリズム勉強会代表/京都大学医学部非常勤講師 。00年東京大学卒業後、医療・福祉・健康分野をメインに世界各地で取材を行う。16年スタンフォード大学客員研究員。メディアとヘルスケアの関係者がともに医療健康情報の質を高める手立てを学びあう「メディカルジャーナリズム勉強会」代表を務める。

演題: 専門家自身が発信する意義と問題点

外科医 /発信する医師団主宰
中山祐次郎

1980年神奈川県生まれ。聖光学院中・高を卒業後、二浪を経て、鹿児島大学医学部医学科。その後、都立駒込病院外科で合計10年勤務。2017年2月から福島県高野病院院長、2017年4月から福島県郡山市の総合南東北病院外科医長。
参加手術件数は一年に約200件。専門は大腸がん治療、外科教育。資格は外科専門医、消化器外科専門医、がん治療認定医、内視鏡外科技術認定医、など。「発信する医師団」主宰。
著書に『医者の本音』『がん外科医の本音』(SBクリエイティブ)、小説『泣くな研修医』(幻冬舎)など。

分科会長
木野瀬 友人

【分科会C-1 メンタルヘルス】

本日は分科会C-1「メンタルヘルス」についてご紹介します。以下3つの演題を中心に会を進めていきます。

「メンタルヘルス領域におけるデジタルヘルスの可能性」

 近年、メンタルヘルス領域におけるデジタルヘルスの可能性が拡大し、多様なサービスが提案・試行されている。産業保健、オンライン診療などをキーワードに現行の法令をレビューした上で、新たな技術やサービスの開発に際しての注意事項について提示していただきます。

「ADHDのAI therapy」

 ADHD (注意欠如多動症)を持つ人を対象として、キャラクタとの会話を通じて自己肯定感が上がることを狙う「モチベーション・インタビューイング」「セラピューティックコミュニケーション」「AI Therapy」のプロダクトについてプレゼンをしていただきます。

「認知症外来の音楽療法をアプリで実現~音楽の持つ可能性~」

認知症に対する音楽療法の可能性、アプリケーションの実装など実際に音楽療法を受けている患者さんの様子をご紹介しながら、アプリの機能や音楽医療についてふれて頂きます。

プロフィール紹介

吉村健佑(よしむらけんすけ)

「吉村健佑」の画像検索結果

 1978年横浜市生まれ。精神科医・産業医として8年間の現場経験後、2015年厚生労働省に入省。保険局と医政局を併任し、主に医療情報分野における政策立案・制度設計、および政策研究にわる。その後、千葉大学医学部附属病院の病院経営の改善や、職員のメンタルヘルス対策に取り組組むと同時に、千葉県医療整備課、千葉県医師会などで複数の役職を兼任。2019年より、千葉県の医療政策を推進するために設置された寄附研究部門である、千葉大学医学部附属病院 次世代医療構想センター特任教授を務める。医学博士、公衆衛生学修士。精神保健指定医、労働衛生コンサルタント、医療情報技師。

岸慶紀(きし・よしあき)

「岸慶紀」の画像検索結果

 1990年福島県生まれ。2社の起業を経て、2018年にHoloAshを米国で起業。Y Combinator の Startup School 参加対象に採択。Accenture HealthTech Innovation Challenge 、Health 2.0 Asia-Japan 2018、Monozukuri Hardware Cup 2019 ファイナリストに選ばれ、海外での評価が高い。HoloAsh Inc. CEO

中務佐知子 (なかつかささちこ)

株式会社フェイスで音楽医療事業に従事。これまで予防医療をサポートする携帯サービスやベッドサイド端末の提供など、メディカル事業の立ち上げに携わる。一般社団法人臨床音楽協会の理事を兼務。医療・ヘルスケア分野における新たな情緒的・経験価値の提供をコンセプトに事業を展開。株式会社フェイス グループ戦略推進本部 音楽医療事業 リーダー

【分科会B-4 地域包括ケア】

地域包括ケア分科会会長の高丸です。

地域包括ケア分科会では南社長に医療従事者向けのリハビリ業務をサポートする「はつらつ」をご紹介頂きます。

医療従事者が患者に向き合う時間をつくったり、患者の理解度を上げるということは、インターネット関連技術を活用し、解決できることだと思い、サービスです。

ウェルモの鹿納社長からは現在大型調達をされて開発中のケアプランAIシステム「ミルモ」についてご説明頂きます。

終活ネットの岩崎社長からは終活におけるネットの動向、DMMグループとなってからのビジョン、現在話題となっている人生会議(ACP)パートナーの意義についてご説明頂きます。

地域包括ケアシステムを考える上で自助、互助の仕組みを作っている最先端の事例です。

社会学的アプローチから社会課題解決を試みるという点でデジタルヘルスラボの狙いに合致する事例の数々です。 ぜひ当日は地域包括ケア分科会へお越しください。

プロフィール紹介

■株式会社ウェルモ 代表取締役 鹿野佑介
「AI(人工知能)による超高齢社会の課題へのアプローチ」

大阪府豊中市出身。人事領域のITコンサルタントを経て東証一部上場企業人事部へ。介護事業所でのボランティアやインタビューから、現場の働きがいに課題を感じ2013年、ウェルモを創業。経済産業省主催ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2019にて最多受賞。Forbes JAPAN 2018NEW INNOVATOR 日本の担い手99選出。

■株式会社終活ネット 代表取締役 岩崎翔太
「オンラインにおける終活支援」

1995年生まれ24才。灘高校卒業、東京大学在学中。2016年9月に株式会社終活ねっと創業。葬儀やお墓などライフエンディング領域のポータルサイト運営。

2017年12月に1億円の資金調達。2018年10月に合同会社DMM.comにM&A。関根勉さん出演のテレビCM放送中。

■エービーシーファミリー株式会社 代表取締役社長 南 中花子 
医療従事者向けリハビリ業務支援のニーズと実証実験について

学生時代から海外やインターネットなど幅広い分野に関心があり、海外の在籍者が多いITベンチャー企業に就職。

エンジニアとしてさまざまなサービスの開発・運営に従事。 25歳の時に、海外赴任で東南アジアの200人規模の開発組織立ち上げにプロジェクトマネージャーとして参画するかたわら、起業準備として現地で育児に関するEC・メディア事業の立ち上げ。

帰国後、26歳で株式会社を設立。 身内が脳梗塞になり、リハビリが必要になったことから、現在は、医療従事者向けのリハビリ業務をサポートする「はつらつ」を提供。

医療従事者が患者に向き合う時間をつくったり、患者の理解度を上げるということは、インターネット関連技術を活用し、解決できることだと思い、サービス提供に至る。